「裁判しないで解決」する建設業・不動産業を多く扱う
渋谷の弁護士吉田悌一郎

【親子マラソン】親子で一緒になにかをやる意味

ランニング

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

マラソン大嫌いな息子と一緒に、

親子マラソンを走ってきました。

 

 

本人は、

意外によく走れて、

それなりに楽しんで

くれたのでホッとしました。

(今日の「棒人間」 親子マラソンを走る)

 

<毎日更新1048日目>

13年前から、

マラソン(ランニング)を

趣味にしています。

 

 

ランニングなんて、

ただ走るだけでつまらなくて

辛いだけじゃないか、

 

 

そう思われるかも知れませんが、

いやいやこれがなかなかどうして。

 

 

それなりにメリットも

あるものです。

走る理由①〜 ランニングの5つのメリット

 

そんな私の1つの夢は、

息子と一緒にマラソン大会に

出ることでした。

 

 

いろいろ探してみると、

世の中結構親子マラソン大会、

というものがあるんですね。

 

 

そこで、3年前、

息子が5歳の頃に、

 

 

一度親子マラソンに

出たことがあります。

 

 

これは、

「TODABASHI親子マラソン」

という大会で、

 

 

親子のペアで1キロを

走るというもの。

 

これはそのときの写真。

 

 

まだ、

マスクをして走っていますね。

 

 

1キロくらい余裕だろう

と思いましたが、

 

 

このときの息子は

体力がなくてバテバテ。

 

 

途中でなんども歩き、

もう嫌だと駄々をこねだす始末。

 

 

なんとか騙し騙しゴールしましたが、

「もう二度とマラソン大会は出たくない」

というのが息子の感想でした。

 

 

それからは、

何度誘っても、

 

 

親子マラソンには出たがらないので、

なんとなくそのまま時が過ぎました。

 

 

最近になって、

たまたまfacebookの広告で

見つけたこちらの大会。

 

親子マラソンの1.5キロコース

というのがありました。

 

 

ちょうど暖かくなる頃だし、

出てみようかしら。

 

 

ここでは具体的にかけませんが、

 

 

息子に対して数々の利益誘導を

行って誘ってみた結果、

「出てもいい」となりました。

 

 

今回は、1.5キロですが、

 

 

息子も小学生になって体力も

ついてきているので、

なんとかなるだろう。

 

 

先週の日曜日、

この親子マラソン大会に

出場してきました。

 

 

スタート前の息子の不安そうな背中。

 

 

午前9時45分、

他の大勢の親子ペアと

一緒にスタートです。

 

 

走り出してみると、

意外に良いペースで

走れています。

 

 

今回は、

歩くこともなく、

 

 

途中で文句を言うこともなく、

黙々と息子も走ります。

 

利益誘導が効いた

のかも知れません(笑)。

 

 

そして、

見事1.5キロのコースを走り切り、

無事にゴール。

 

 

いやいや、

今回はよくがんばった!

 

 

3年前のときとは大違い、

子どもは成長するものですね。

 

 

ゴールした後は、

会場でお祭りのような

屋台が出ていたので、

 

 

とりあえず生ビールと

コーラで乾杯。

 

 

ついでに、

ちゃっかりとその場で

YouTubeの動画も撮影。

 

 

息子の感想も肉声が

入っていますので、

もしよかったらご覧ください。

 

 

しかし、

親子で一緒になにかに

 

 

取り組んでがんばってみる、

っていうのもいいもんですね。

 

 

息子が私と遊んでくれるのも、

あと数年でしょう。

 

 

大きくなれば、

友だちとの付き合いを

優先しますからね。

 

 

今のうちに、

これからも息子と

一緒にできることを、

 

 

いろいろとやって

おきたいものです。

 

 

これを機に、

息子がランニングを

好きになってくれれば、

 

 

とほんの少しだけ

期待しながら。

 

 

それでは、

また。

 

 

 

 

<サービスメニュー>

◾️裁判しないで解決するノーリスクプロモーター・弁護士 吉田悌一郎のプロフィール

 

◾️法律相談のお申し込み

 

◾️顧問弁護士サービスについて

 

◾️セルフマガジン『裁判しないで解決する方法』の無料送付

 

◾️YouTube(渋谷の弁護士・吉田悌一郎の中小企業ビジネス法務チャンネル)

 

◾️Voicy(裁判しない弁護士のトラブル解決ラジオ)

 

 

 

 

 

 

 

最新動画 

今回は、「会社から社員への貸付、毎月の給料から「天引き」して返済してもらうことはできるか?」というテーマでお話ししています。

 

 

 

 

 

 

活動ダイジェスト

昨日は、息子と2人の生活二日目。
午前中は息子が近所の公園で友だちと遊ぶ約束をしたというので、息子が出かけている間に自宅でブログなど。
午後は、息子のスイミングの送迎、その後は実家に行きました。
妹の子どもらもきていて、いとこ同士で楽しく遊んでいました。

 

 

 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

お問い合わせ

住所 150-0031
東京都渋谷区桜丘町4番23号渋谷桜丘ビル8階
マップを見る
受付時間 【平日】9:30〜18:00
【土曜日】9:30〜12:00
渋谷共同法律事務所のHP

           

裁判しないで解決する
ノーリスクプロモーター

                               
名前吉田 悌一郎
住まい東京都

Profile

中小零細企業の顧問契約をメインの仕事としています。

中小零細企業が法的トラブルに巻き込まれるのを未然に防止すること、 そして、 情報発信を通じて弁護士の敷居を下げ、中小零細企業にもっと弁護士を利用していただくことを使命として活動しています。

【私のミッション】
中小零細企業の味方であり、中小零細企業のトラブルを「裁判しないで解決すること」をミッションにしています。

中小零細企業のトラブルが、「裁判沙汰」にまで発展すると、経営者の方にかかる時間的・経済的負担が大きく、エネルギーを消耗します。

私は、中小零細企業のトラブルをできる限り未然に防止する、万が一トラブルになっても、それをできるだけ小さいうちに「解決」することで、経営者の方の余計な負担をなくし、本業にエネルギーを傾けていただきたいと考えています。

また、中小零細企業の「お困りごと」に関しては、法律問題という弁護士の職域を超えて、経営コンサルタント(キャッシュフローコーチ)として、経営相談や金融機関融資の支援などを通じて、日本経済を支える中小企業の「お困りごと」全般のお手伝いをすることにも力をいれています。

カテゴリー

月別記事