「裁判しないで解決」する建設業・不動産業を多く扱う
渋谷の弁護士吉田悌一郎

【弁護士の守秘義務】法律相談をして秘密は守られますか?

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

弁護士に法律相談をして、

自分の秘密はちゃんと守ってもらえるのか?

 

 

弁護士は「守秘義務」というものを

負っているので、秘密を外にもらされる

ことはありません。

 

 

今日は、

弁護士の「守秘義務」について深堀

してみたいと思います(^ ^)

 

 

 

(初詣、何をお祈りしているのかは「秘密」@目黒不動尊)

 

<毎日更新617日目>

法律相談して秘密は守られる?

弁護士に法律相談をしたいけれども、

相談した内容を外部にもらされたくない。

 

 

これは、当たり前です。

 

 

弁護士に対する法律相談の内容は、

多岐にわたります。

 

 

たとえば、

離婚、借金、相続、会社関係、契約書、交通事故、不動産売買、不動産賃貸、取引先とのトラブル、会社と社員のトラブル、成年後見関係、マンション問題などなど

いろいろあります。

 

 

中には、

できれば誰にも話したくない、

絶対に外部には知られたくない、

そんなプライバシーが絡むご相談内容も

少なくありません。

 

 

もし仮に、

相談を受けた弁護士が、

そんな他人のプライバシーが絡む

相談内容を外でペラペラとしゃべっていたら?

 

 

安心して弁護士に相談することができませんね。

 

 

今日相談した内容が、

飲み屋で酒の肴になっているかもしれない。

 

 

そんなことは、

絶対にあってはなりません。

 

 

ご安心ください。

 

 

弁護士には、

 守秘義務(しゅひぎむ)

というものがあります。

 

 

受けたご相談の内容を、

正当な理由なく外にもらしてはならない、

という法律上の義務を負っているのです。

 

 

 

 

 

 

 

弁護士の守秘義務とは?

具体的には、弁護士法の23条というところで、

弁護士又は弁護士であった者は、その職務上知り得た秘密を保持する権利を有し、義務を負う。

と定められています。

 

 

弁護士だけではなく、

「弁護士であった者」も含まれますので、

一生涯死ぬまで守秘義務を負う、

ということなのですね。

 

 

さらに、

「弁護士職務基本規定」

というものがあります。

 

 

厳密に言えばこれは法律ではありませんが、

弁護士が守るべき職務に関する

倫理と行為規範とされています。

 

 

この弁護士職務基本規程の23条でも、

弁護士は、正当な理由なく、依頼者について職務上知り得た秘密を他に漏らし、又は利用してはならない。

と定められています。

 

 

そんなわけで、

口が軽い人は、

弁護士としてやって行けません。

 

 

弁護士は、

職業的に口が堅いこと

が要求されているのです。

 

 

ちなみに、

私はよくブログで、

過去にご相談を受けた内容を書いています。

 

 

しかし、

その内容は大幅に改変していて、

生のご相談内容やご相談者は一切特定

されないようにしています。

 

 

いわば、

法律の抽象的なエッセンスのみを

ブログでご紹介しているわけです。

 

 

そんなわけで、

弁護士に法律相談をしても、

その内容を外部にもらされる、

ということはありませんので、

ぜひ安心してご相談ください(^ ^)

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

というわけで、

今日のポイントは

 

 弁護士は守秘義務があるので、秘密は守られる!

ということです。

 

 

そんなこと言ったって、

お前は酒を飲んで酔っ払って

相談者の秘密をしゃべってしまうことが

あるのではないか?

 

 

そう思われたアナタ!

 

 

甘いです。

 

 

私は酒が好きですが、

飲んで相談者の秘密をしゃべることは

絶対にありません。

 

 

格好つけるわけではないですが、

それがプロというものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最新動画 

今回は、弁護士の仕事は社会貢献?社会貢献に利益を求めても良いのか?というテーマでお話しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

活動ダイジェスト

昨日は、午前中は世田谷の顧問先へ。
ちょっと緊急のご相談対応などでした。
午後は事務所へ戻り、オンラインでの打ち合わせやリアルでの打ち合わせなどでした。
実質的には年明け営業初日、しかも三連休明けでしたので、少しバタバタしてしまいました。

ご提供中のメニュー

 

 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

お問い合わせ

住所 150-0031
東京都渋谷区桜丘町4番23号渋谷桜丘ビル8階
マップを見る
受付時間 【平日】9:30〜18:00
【土曜日】9:30〜12:00
渋谷共同法律事務所のHP

           

裁判しないで解決する
ノーリスクプロモーター

                               
名前吉田 悌一郎
住まい東京都

Profile

中小零細企業の顧問契約をメインの仕事としています。

中小零細企業が法的トラブルに巻き込まれるのを未然に防止すること、 そして、 情報発信を通じて弁護士の敷居を下げ、中小零細企業にもっと弁護士を利用していただくことを使命として活動しています。

【私のミッション】
中小零細企業の味方であり、中小零細企業のトラブルを「裁判しないで解決すること」をミッションにしています。

中小零細企業のトラブルが、「裁判沙汰」にまで発展すると、経営者の方にかかる時間的・経済的負担が大きく、エネルギーを消耗します。

私は、中小零細企業のトラブルをできる限り未然に防止する、万が一トラブルになっても、それをできるだけ小さいうちに「解決」することで、経営者の方の余計な負担をなくし、本業にエネルギーを傾けていただきたいと考えています。

また、中小零細企業の「お困りごと」に関しては、法律問題という弁護士の職域を超えて、経営コンサルタント(キャッシュフローコーチ)として、経営相談や金融機関融資の支援などを通じて、日本経済を支える中小企業の「お困りごと」全般のお手伝いをすることにも力をいれています。

カテゴリー

月別記事