「裁判しないで解決」する建設業・不動産業を多く扱う
渋谷の弁護士吉田悌一郎

【ブログ】プロなら堂々としていたい

ブログ

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

毎日ブログを書き続けていれば、

いつも100点満点のブログが

書けるわけではありません。

 

 

しかし、たとえば、

 

 

「今日は日記ブログでごめんなさい」

 

 

「今日は短くてごめんなさい」

 

 

「今日は内容がユルくてごめんなさい」

 

 

こういう「言い訳」はいらないかな〜、

と思っています。

 

 

 

 

(今日の「棒人間」 堂々としていることは大事?)

 

<毎日更新761日目>

自信のなさそうなプロに頼みたいですか?

実は私、ビギナーの医者でして、手術するの今日が初めてなんです。
メッチャ緊張してます。。。
もし失敗しちゃったらごめんなさい・・・

手術前に、

担当するお医者さんから

こう言われただどうでしょう?

 

 

さすがにこんなお医者さんに

自分の身体の手術をして

もらいたくないですよね。

 

 

もちろん、

お医者さんや看護師さん

というのは、

人の命をあずかる仕事ですから、

やはり内心で緊張することも

あるでしょう。

 

 

しかし、

それを表に出されると、

患者さんはなおさらビビって

しまいます。

 

 

緊張したり、

内心動揺することがあっても、

絶対にそれを外には出さない、

これがプロの1つの条件

ではないかと思います。

 

 

弁護士の仕事もそうです。

 

 

「裁判」や「交渉」といった仕事は、

いつもうまく行くとは限りません。

 

 

こちらに不利な状況になる

ことも少なくありません。

 

 

そんなときは、

正直に言えば、

内心

まいったな〜

という気分になることも

あります。

 

 

しかし、

絶対にそのような内心の

不安や動揺は外には出しません。

 

 

内心の不安を表情や態度に

出して交渉にのぞめば、

相手に足もとを見られてしまい、

交渉はますます不利になります。

 

 

ですから、

内心の不安や同様が多少あっても、

外見は自身ありげに堂々として

交渉にのぞむ。

 

 

プロである以上、

ある意味でこうした

「ハッタリ」も必要だと

思っています。

 

 

 

 

ブログでよくありがちな「言い訳」

私のような毎日ブロガー

にとっては、

日々書いているブログも、

これまた「仕事」という意識を

持っています。

 

 

とは言え、

365日毎日書いていますので、

常に100点満点のブログが

書けるとは限りません。

 

 

正直に言えば、

どう頭を絞っても

良いネタが思いつかず、

日記に近いブログに

なってしまうことも

あります。

 

 

しかし、

プロのブロガーとして、

それを正直に表に出すのは

どうなのか?

 

 

たとえば、

他の人のいろいろな

ブログを読んでいると、

「それいらないよな〜」

という言い訳を時々

見かけます。

 

 

よくある言い訳その1)「今日は日記ブログですみません」

まず、

「日記ブログ」が

それほど悪いのか?

ということです。

 

 

たしかに、

私たちは芸能人や有名人では

ありませんので、

毎日が「日記ブログ」では、

ビジネス的にはあまり

意味がないかも知れません。

 

 

ただ、

時にはその人の人柄が出るような

「日記ブログ」があっても

良いと思います。

 

 

わざわざ「すみません」とあ

やまる必要はなく、

堂々と「日記ブログ」を

書けば良いのではないか

と思います。

 

 

また、

「日記ブログ」を

「日記ブログ」に見せない

工夫も必要です。

 

 

単なる日記で終わるのではなく、

その経験から何を学んだのか、

気づきはどんなことかを書けば

読み手に一定の価値を

提供することになります。

 

 

よくある言い訳その2)「今日は短くてごめんなさい」

たしかに、

短さの程度にもよりますが、

短いブログが一概に悪いとは

言えません。

 

 

短くてもよくまとまっていて、

読み手に役立つ価値提供が

なされていれば、

立派だと思います。

 

 

短いからといって

あやまる必要はないでしょう。

 

 

また、

短いブログほど、

小見出しを入れるなどして、

体裁を整えることは大切です。

 

 

小見出しや目次がついていたりすると、

それなりに「ちゃんとしたブログ」

に見えるものです。

 

 

たしかに、

中身がないのに体裁ばかり

気にしてもダメですが、

「見た目」もそれなりに

重要です。

 

 

よくある言い訳その3)「今日は宣伝でごめんなさい」

それを言っちゃおしまいでしょ〜、

と思います。

 

 

実は宣伝ブログなんだけど、

一見宣伝に見えないブログに

仕立てるのが、

プロというものです。

 

 

開き直ってあやまっている

場合ではありません。

 

 

宣伝そのものが悪いのではなく、

ブログの書き方に工夫が

足りないだけです。

 

 

 

よくある言い訳その4)「今日は土日だから、内容がゆるくてごめんなさい」

これもよく見かけますね。

 

 

土日や祝日にゆるい内容の

ブログを書くことが悪いとは

思いません。

 

 

私も、

土日祝日のブログはあえて

ゆるめの内容を書くことも

あります。

 

 

毎日ゆるい内容ではどうかと

思いますが、

ときにはゆるいブログを書いて、

読み手にホッとしてもらう、

というのも大切だと思います。

 

 

これもやはり、

「ごめんなさい」は余計ですね。

 

 

堂々とゆるいブログを

書きましょう。

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

というわけで、

今日のポイントは

 

 プロなら堂々としていよう!

ということです。

 

 

そんなわけで、

今日は、

他の人のブログを読んでいて

常々思っていたことを

書きました。

 

 

ちょっと偉そうなブログに

なってしまったかも

知れません。

 

 

ただ、

せっかくブログを続けて

いるのですから、

プロらしく「堂々と」

したいものですね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最新動画 

今回は、うつ病になった社員に、「会社を休みたくありません」と言われた時に、会社としてどのように対処したら良いか、そんなテーマでお話しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

活動ダイジェスト

昨日は、午前中大雨でしたが、気分転換で近所のカフェへ。
ブログの執筆と、運が良かったことリスト(100個)の作成などでした。
午後は自宅でのんびり過ごしていました。

ご提供中のメニュー

 

 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

お問い合わせ

住所 150-0031
東京都渋谷区桜丘町4番23号渋谷桜丘ビル8階
マップを見る
受付時間 【平日】9:30〜18:00
【土曜日】9:30〜12:00
渋谷共同法律事務所のHP

           

裁判しないで解決する
ノーリスクプロモーター

                               
名前吉田 悌一郎
住まい東京都

Profile

中小零細企業の顧問契約をメインの仕事としています。

中小零細企業が法的トラブルに巻き込まれるのを未然に防止すること、 そして、 情報発信を通じて弁護士の敷居を下げ、中小零細企業にもっと弁護士を利用していただくことを使命として活動しています。

【私のミッション】
中小零細企業の味方であり、中小零細企業のトラブルを「裁判しないで解決すること」をミッションにしています。

中小零細企業のトラブルが、「裁判沙汰」にまで発展すると、経営者の方にかかる時間的・経済的負担が大きく、エネルギーを消耗します。

私は、中小零細企業のトラブルをできる限り未然に防止する、万が一トラブルになっても、それをできるだけ小さいうちに「解決」することで、経営者の方の余計な負担をなくし、本業にエネルギーを傾けていただきたいと考えています。

また、中小零細企業の「お困りごと」に関しては、法律問題という弁護士の職域を超えて、経営コンサルタント(キャッシュフローコーチ)として、経営相談や金融機関融資の支援などを通じて、日本経済を支える中小企業の「お困りごと」全般のお手伝いをすることにも力をいれています。

カテゴリー

月別記事