「裁判しないで解決」する建設業・不動産業を多く扱う
渋谷の弁護士吉田悌一郎

「仕事=趣味」でなくても良いのでは?

生き方

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

「趣味は仕事です!」

とか言える人は、

格好いいですね。

 

 

私も言ってみたいですが、

私の場合は「仕事=趣味」

とは行かなそうです。

 

 

(今日の「棒人間」 仕事をしているのか遊んでいるのかわからない?)

 

<毎日更新768日目>

趣味は仕事です!

昨日のブログでもとりあげた、

滋賀で行われた

ビジネスブログアスリート(BBA)協会

のサミット。

 

ブログで人生を変えるには、「熱い想い」を発信すること

 

そのサミットで、

あのバームクーヘンで有名な

株式会社クラブハリエの社長で、

グランシェフの山本隆夫さんの

基調講演がありました。

 

 

山本さんは、

滋賀県で何代も続く

「たねや」という和菓子の会社の

家系に生まれましたが、

その会社で不採算部門だった

洋菓子部門を引き継ぎます。

 

 

その洋菓子部門を立て直し、

海外のパティシエの大会でも

優勝したりして、

クラブハリエを世界的に

有名な洋菓子メーカーに

成長させました。

 

 

その山本さんが

言っていた言葉で、

印象に残ったのが

 趣味は仕事です!

というセリフ。

 

 

実際に寝る間も惜しんで

仕事に没頭されている

そうです。

 

 

う〜ん、

「趣味は仕事です」なんて、

格好いいですね。

 

 

言ってみたいものです。

 

 

 

 

「仕事=趣味」とまで言い切れるか?

さて、

私の場合はどうだろうか?

とふと考えました。

 

 

たしかに仕事は好きですが、

「仕事=趣味」とは

言い切れないような・・・。

 

 

そもそも私は、

あまり「趣味」と言えるものが

ありません。

 

 

子どもの頃から、

1つのことに没頭する

素質に乏しく、

いわゆる「オタク」に

なれないのです。

 

 

そういえば、

以前こんなブログを

書いたことも。

 

【自分を見つめるシリーズ1】オタクになれない私のコンプレックス

 

 

だから、

なんと言いますか、

「仕事=趣味」と言われても、

その「趣味」というのが

ピンとこないのかも

知れませんね。

 

 

 

 

 

 

遊ぶように仕事をする?

ただ、

仕事にONとOFFをつけるとか、

休みの日は仕事を離れて

ゆっくりしたいとか、

そういう感覚はありません。

 

 

平日でも半日休んで半日仕事、

なんて日もあれば、

土日も遊びつつもすきあらば

仕事をしていたりします。

 

 

私の妻は公務員で、

働く時間がキッチリ

決められた仕事ですから、

休みの日もチョコチョコ

仕事をしている私の働き方が

信じられないらしい。

 

 

まぁ、

こっちは好きな仕事を

しているからね。

 

 

あと、

厳密に考えると、

遊びなのか仕事なのか、

境界があいまいなものも

結構あります。

 

 

たとえば、

・ブログ
・YouTube
・SNSの発信
・異業種交流会の参加
・飲み会の参加
・各種セミナーへの参加
・勉強 

などなど。

 

 

こういうのって、

一見遊びにも見えますが、

仕事という側面もあります。

 

 

仕事柄、

勉強やセミナー参加などの

インプットは欠かせません。

 

 

また、

ブログやSNSを通じて、

お仕事のご依頼をいただく

こともあります。

 

 

飲み会なんて、

遊びじゃねーか!と

言われそうですが、

飲んでいる最中に

(あるいはその後に)

 ちょっと相談したいことがあるんだけど

なんて言われて、

ちゃっかり法律相談に

なっちゃうこともあります。

 

 

いろいろな方との

出会いやつながりで、

仕事になることも

少なくないので、

やはり外に出て行くことも

大事な仕事と言えます。

 

 

なので、

遊びか仕事か、

これは結構あいまいな

場合があります。

 

 

そういえば、

先日事務所で棒人間を

書いているところをうちの

事務員さんに見られて

しまいました。

 

 

完全に遊んでると

思われてるでしょうね(笑)

 

 

そんなわけで、

私の場合は、

「趣味は仕事です!」とは

言えないけれど、

遊ぶように仕事をする、

そんな側面はあったりします。

 

 

そういや、

クラブハリエのバームクーヘン、

たしかに美味しかった。

 

これ一本だと2万7000円

するんだって!

 

それでは、

また!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最新動画 

今回は、なくならない弁護士の横領事件、「弁護士は金持ち」は幻想です、というテーマでお話しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

活動ダイジェスト

昨晩は、息子の小学校の「おやじ会」の集まりがありました。

ご提供中のメニュー

 

 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

お問い合わせ

住所 150-0031
東京都渋谷区桜丘町4番23号渋谷桜丘ビル8階
マップを見る
受付時間 【平日】9:30〜18:00
【土曜日】9:30〜12:00
渋谷共同法律事務所のHP

           

裁判しないで解決する
ノーリスクプロモーター

                               
名前吉田 悌一郎
住まい東京都

Profile

中小零細企業の顧問契約をメインの仕事としています。

中小零細企業が法的トラブルに巻き込まれるのを未然に防止すること、 そして、 情報発信を通じて弁護士の敷居を下げ、中小零細企業にもっと弁護士を利用していただくことを使命として活動しています。

【私のミッション】
中小零細企業の味方であり、中小零細企業のトラブルを「裁判しないで解決すること」をミッションにしています。

中小零細企業のトラブルが、「裁判沙汰」にまで発展すると、経営者の方にかかる時間的・経済的負担が大きく、エネルギーを消耗します。

私は、中小零細企業のトラブルをできる限り未然に防止する、万が一トラブルになっても、それをできるだけ小さいうちに「解決」することで、経営者の方の余計な負担をなくし、本業にエネルギーを傾けていただきたいと考えています。

また、中小零細企業の「お困りごと」に関しては、法律問題という弁護士の職域を超えて、経営コンサルタント(キャッシュフローコーチ)として、経営相談や金融機関融資の支援などを通じて、日本経済を支える中小企業の「お困りごと」全般のお手伝いをすることにも力をいれています。

カテゴリー

月別記事