「裁判しないで解決」する建設業・不動産業を多く扱う
渋谷の弁護士吉田悌一郎

【法律相談は年内に?】気持ちよく新年を迎えるために

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

毎年この時期になると、にわかに法律相談のお問合せが増えます。

 

 

なんとか年内に相談したい、と思われる方が多いのです。

 

 

これにはそれなりの理由があります(^ ^)

 

 

 

(気分の良い初詣@目黒不動尊)

 

 

<毎日更新586日目>

新規の問い合わせが増える12月

例年そうで、今年もそうですが、12月になるとに

わかに法律相談のお問合せが増えます。

 

 

ちょっと相談したいことがあるんだけど 

というのが明らかに増えるのがこの季節。

 

 

なぜかというと、これはお正月を大切なものとする

日本人の習性が影響しています。

 

 

不安なこと、悩み、トラブルなどはなるべく年内に

解決して、年明けに持ち越したくない。

 

 

新年、お正月はスッキリした気持ちで迎えたい。

 

 

逆に、新年早々不安やトラブルを抱えているのは縁起が悪い。

 

 

これがまあ、普通の日本人の感覚なのかも知れません。

 

 

そのおかげで、だいたい弁護士というのはこの年末

というのが繁忙期となります。

 

 

もうスケジュールが詰まっていても、

 なんとか年内に相談したいんです!

と言われると、なかなか断れません(笑)

 

 

 

 

相談だけでも年内にしておいた方が良い?

じゃあ、トラブルや不安なことがあったとして、

弁護士に法律相談すれば解決するのか?

と言われれば、それはケースバイケースで、相談だ

けで解決するものもあれば、解決しないものもあります。

 

 

法律相談しても解決できないなら、年内に行く意味

がないではないか、と思われるかも知れませんが、そうとも言えません。

 

 

人間が受ける不安やストレスというものは、それが

 コントロールできる

という感覚を持つだけで、かなり軽減されると言われています。

 

 

たとえば、不安に思っていることについて法律相談

を受けてみると、客観的に何が問題なのかがわかります。

 

 

その上で、たとえ相談だけでは解決しなかったとし

ても、じゃあどうすれば良いのか、という問題の対

処法や方向性が見えてきます。

 

 

つまり、法律相談を受けることで、その問題を

 コントロールできそうだ!

という感覚を持つことができるだけで、不安やスト

レスのかなりの部分が解消されます。

 

 

こうした感覚を持った上で新年を迎えるのか、そう

でないのか、これは結構メンタルに大きな影響を及ぼします。

 

 

人によっては、たったの30分の法律相談で、それま

でとは打って変わって明るい表情で帰って行かれる

方も少なくありません。

 

 

 

 

そんなわけで、不安や悩み、トラブルを抱えている

方は、とりあえず法律相談だけでも年内に受けてみ

ることをオススメします。

 

 

スッキリして気持ちの良い新年を迎えたいものですね。

 

 

まだ少し法律相談の枠は残っていますので、ぜひお申し込みください!

 

 

法律相談のお申し込みはコチラ

 

 

 

 

 

 

まとめ

というわけで、

今日のポイントは

 

 不安やトラブルを抱えている方は、年内に法律相談を!

ということです。

 

 

あと、法律相談は受け方も結構大事です。

 

 

下記の記事も参考にしてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

最新動画 

今回は、ちょっと息抜き回ということで、「忙しい」というテーマでお話ししてみたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

活動ダイジェスト

昨日は、家族でキャンプへ。息子の保育園のお友達家族と一緒に南房総のRE CAMP勝浦へ。
天気も良くて盛り上がりました。

 

 

ご提供中のメニュー

 

 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

お問い合わせ

住所 150-0031
東京都渋谷区桜丘町4番23号渋谷桜丘ビル8階
マップを見る
受付時間 【平日】9:30〜18:00
【土曜日】9:30〜12:00
渋谷共同法律事務所のHP

           

裁判しないで解決する
ノーリスクプロモーター

                               
名前吉田 悌一郎
住まい東京都

Profile

中小零細企業の顧問契約をメインの仕事としています。

中小零細企業が法的トラブルに巻き込まれるのを未然に防止すること、 そして、 情報発信を通じて弁護士の敷居を下げ、中小零細企業にもっと弁護士を利用していただくことを使命として活動しています。

【私のミッション】
中小零細企業の味方であり、中小零細企業のトラブルを「裁判しないで解決すること」をミッションにしています。

中小零細企業のトラブルが、「裁判沙汰」にまで発展すると、経営者の方にかかる時間的・経済的負担が大きく、エネルギーを消耗します。

私は、中小零細企業のトラブルをできる限り未然に防止する、万が一トラブルになっても、それをできるだけ小さいうちに「解決」することで、経営者の方の余計な負担をなくし、本業にエネルギーを傾けていただきたいと考えています。

また、中小零細企業の「お困りごと」に関しては、法律問題という弁護士の職域を超えて、経営コンサルタント(キャッシュフローコーチ)として、経営相談や金融機関融資の支援などを通じて、日本経済を支える中小企業の「お困りごと」全般のお手伝いをすることにも力をいれています。

カテゴリー

月別記事