「裁判しないで解決」する建設業・不動産業を多く扱う
渋谷の弁護士吉田悌一郎

走る理由② 〜ランニングを継続するための5つのコツ

ランニング

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

ランニングにはいろいろな

メリットがあります。

 

 

しかし、

ランニングを続けるのは難しい、

という声をよく聞きます。

 

 

そこで、

今日はランニングを続ける

コツについてお話しします。

(今日の「棒人間」 ランニングを継続するのは難しい??)

 

<毎日更新1026日目>

わかっちゃいるけど続かない??

昨日のブログでは、

ランニングのメリットについてお

話ししました。

 

走る理由①〜 ランニングの5つのメリット

 

私はもう13年ランニングの

習慣を続けていますが、

それはやはりランニングには

いろいろとメリットが

あるからです。

 

 

メリットがあるのは

わかっているけれど、

やはり「継続」するのは

それなりに大変です。

 

 

何ごともそうですが、

物ごとを「継続」するには

コツがいります。

 

 

「根性」だけで

乗り切れるものではなく、

やはり「継続」できるための

「仕組み化」も重要です。

 

 

 

ランニングを継続するための5つのコツ

形から入る

ランニングを始めるのは

手軽にできて、

あまりお金もかかりません。

 

 

しかし、

ランニングブームの頃以降、

ランニングのシューズや

ウエアーにも、

オシャレなアイテムが

増えました。

 

 

私がお勧めしたいのは、

シューズにしろ、

ウエアーにしろ、

それを積極的に身に

つけたくなるような、

オシャレなものを

そろえることです。

 

 

「まず形から入る」

という言葉があります。

 

 

私はこの言葉が大好きで、

なにしろ私自身も

「形から入る」タイプです。

 

 

日々走りたくなるような、

そんなお気に入りのシューズや

ウエアーを選んでみることです。

 

 

ハードルを上げすぎない

昔部活動をかなり

ハードにやっていた、

こういう人ほど

ランニングを避ける、

あるいは続かない傾向が

あります。

 

 

昔の部活動は、

それこそ水も飲めずに

ひたすら走らされた、

という人も少なく

ありません。

 

 

こういう人は、

昔の部活の後遺症か、

「走る」ということに

ネガティブなイメージを

持っていたりします。

 

 

しかし、

ランニングは

「部活」ではありません。

 

 

ランニングを続けるには、

最初からハードルを

上げすぎないことです。

 

 

「〜しなければならない」

「〜するべき」といった思考は、

ランニングを継続する

妨げになります。

 

 

「必ず毎日走らなければ

いけない」とか、

「必ず1キロ●分ペースを

落としてはいけない」などと

考えない方が良いです。

 

 

気分が乗らない日は

サボってもいいですし、

調子が良くないときは

無理してペースを上げては

いけません。

 

 

あまり固く考えずに、

ゆる〜く始めてみる

ことをお勧めします。

 

 

まずは自分のペースで、

自分の好きなように

走ってみる。

 

 

こうした適度なゆるさが、

ランニングを継続する

コツなのです。

 

 

朝走る

もう1つお勧めしたいのは、

朝、できれば早朝の時間帯に

走ること。

 

 

忙しくて走る時間を

なかなか作れない、

という悩みをよく聞きます。

 

 

この点、

早起きして早朝の

時間帯であれば、

誰にも邪魔されずに走る

時間を作ることが

できます。

 

 

早起きは大変ではありますが、

ランニングを習慣化する

ことに合わせて、

早起きも習慣化して

しまうのはお勧めです。

 

 

朝のランニングに慣れてくると、

とても良い効果があります。

 

 

朝というのはポジティブな

思考になりやすい。

 

 

朝ランニングをして、

脳の血流が良くなると、

意外に走りながら良い

アイデアが浮かんだり

することもあります。

 

 

私などは、

仕事で難しい案件を

抱えていても、

朝ランニングをしている

最中に良い解決法が

浮かんだりすることも

あります。

 

 

大会に申し込んでみる

ただ日々走っているだけでは、

どうしてもモチベーションを

維持しにくくなります。

 

 

そこで、

マラソン大会に申し込んで

みることをお勧めします。

 

 

マラソン大会といっても、

いきなり「フルマラソン」を

目指す必要はありません。

 

 

ハーフマラソンとか、

10キロの大会とか、

自分が完走できそうな大会に

まず申し込んでみることです。

 

 

大会に出る予定があれば、

日々ランニングをしよう

というモチベーション

になります。

 

 

一緒に走る仲間を作る

ランニングは孤独なスポーツです。

 

 

その孤独さがメリットでもあり、

ひとりで気軽にできる

というのが、

ランニングの良い面

ではあります。

 

 

ただ、

同じランニングという趣味を

持つ仲間がいた方が、

ランニングを継続しやすく

なるのも事実です。

 

 

たとえば、

皇居ランを一緒に

走ってみる。

 

 

同じ大会に申し込んで

仲間と一緒に走る。

 

 

こうした仲間がいると、

日々ランニングをする

モチベーションにも

つながります。

 

 

仲間と走るのが良いのは、

なんといっても走った後に

一緒に飲めること。

 

 

仲間とランニングをした後のビール、

これがたならなくうまいんですよね〜。

 

 

 

 

 

 

ランニングほどコスパの良いものはない?

昨日のブログにも書きましたが、

ランニングはお金も

かかりませんし、

気軽にできて、

健康にもなるし、

ストレス解消にもなります。

 

 

つまり、

ランニングは、

続けることさえできれば、

とてもコスパが良いのです。

 

 

継続するコツを

つかんでいただいて、

ぜひランニングを習慣に

していただければと

思います。

 

 

それでは、

また。

 

 

 

 

<サービスメニュー>

◾️裁判しないで解決するノーリスクプロモーター・弁護士 吉田悌一郎のプロフィール

 

◾️法律相談のお申し込み

 

◾️顧問弁護士サービスについて

 

◾️セルフマガジン『裁判しないで解決する方法』の無料送付

 

◾️YouTube(渋谷の弁護士・吉田悌一郎の中小企業ビジネス法務チャンネル)

 

◾️Voicy(裁判しない弁護士のトラブル解決ラジオ)

 

 

 

 

 

最新動画 

今回は、「【競業避止義務】フリーランスに、うちの会社以外と契約しちゃダメ、と言えるのか?」というテーマでお話ししています。

 

 

 

 

 

 

活動ダイジェスト

昨日は、息子の保育園時代のお友達家族と越後湯沢へ雪遊びに。
ついでにちゃっかりYouTubeの撮影もしてきました。

 

 

 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

お問い合わせ

住所 150-0031
東京都渋谷区桜丘町4番23号渋谷桜丘ビル8階
マップを見る
受付時間 【平日】9:30〜18:00
【土曜日】9:30〜12:00
渋谷共同法律事務所のHP

           

裁判しないで解決する
ノーリスクプロモーター

                               
名前吉田 悌一郎
住まい東京都

Profile

中小零細企業の顧問契約をメインの仕事としています。

中小零細企業が法的トラブルに巻き込まれるのを未然に防止すること、 そして、 情報発信を通じて弁護士の敷居を下げ、中小零細企業にもっと弁護士を利用していただくことを使命として活動しています。

【私のミッション】
中小零細企業の味方であり、中小零細企業のトラブルを「裁判しないで解決すること」をミッションにしています。

中小零細企業のトラブルが、「裁判沙汰」にまで発展すると、経営者の方にかかる時間的・経済的負担が大きく、エネルギーを消耗します。

私は、中小零細企業のトラブルをできる限り未然に防止する、万が一トラブルになっても、それをできるだけ小さいうちに「解決」することで、経営者の方の余計な負担をなくし、本業にエネルギーを傾けていただきたいと考えています。

また、中小零細企業の「お困りごと」に関しては、法律問題という弁護士の職域を超えて、経営コンサルタント(キャッシュフローコーチ)として、経営相談や金融機関融資の支援などを通じて、日本経済を支える中小企業の「お困りごと」全般のお手伝いをすることにも力をいれています。

カテゴリー

月別記事